【お知らせ】移転につき実店舗(ギャラリー)をしばらくお休みさせていただきます。ネットショップでのご注文はお受けしています。尚、お問い合わせにつきましてはinfo@nihonbookart.com  までメールにてご連絡いただけましたら幸いです。ご不便をおかけいたしますが何卒よろしくお願い申し上げます。

美術品まめ知識

リトグラフとは

リトグラフ(石版画)は、木版画と違い原版を彫らない版画技法です。ひとことで言うと、化学反応と、油と水とが混ざらない性質を利用して、版にインクが付くところと付かないところを作る版画です。

油性のリトクレヨンや絵具で原版に直接絵を描いて、そのあと薬品をつかってその絵が版に定着するよう処理をして版が作られます。
(主要な制作工程はブログに別記。 ここをクリックするとご覧いただけます)

もともとは石灰石が使われていましたが、現在では亜鉛(ジンク)版やアルミ版などの薄い金属版が主流となりました。

白黒ではない、多色リトグラフの場合は、色の数と同じだけの版が必要です。つまり、15色使いたいと思ったら15版必要になります。何色も色が重ねられますので明るくてカラフルな作品となり、装飾性に優れていて油絵とは違った趣が楽しめるのが特徴です。


1つの作品で制作される数は限られていて、何枚刷るかは通常作家側が決めます。50部しか作らないものから300枚前後と様々ですが、あくまでも限定刷りですので刷り終了後は石版上のデッサンを消してしまいます。

刷りあがった作品は、一枚一枚出来具合がチェックされ、品質が保証されると番号が記入されます(エディション番号)。

分数の場合は、分母が作品の限定数分子が刷り番号です。しかし、刷り番号は必ずしも刷り順と一致していません。また、技術的にも早い番号のほうが刷り質が優れているということはありません。

画家は制作料を版元から受け取るとともに、若干の作品を保有できることになっています(作家保存版)。通常は、総刷り数の約5%です。限定番号の代わりに、E.A.またはEpreuve d' Artiste (エプルーブ・ダルティスト/フランス語)と記入され一般にEA版と呼ばれています。

E.A.ではなくA.Pと記入されることもあり、これは Artist's Proof(アーティスツ・プルーフ/英語)の略です。

版元で刷り番号入りの作品が売り切れた場合、作家からこのEA版やAP版を買い取り市場に出すことがあります。

たまに「EA版は価値がある」と言って販売している業者もいるようですが、作品の品質も価値も番号入りのものと変わりません。

実際、私達の取り扱ったオリジナルリトグラフの中でEA版と限定番号版との違いから価格に差をつけて売ったことは一度もありません。

なお、H.C.と記入された作品もありますが、これは Hors Commerce(オル・コメルス/フランス語)の略で非売品という意味です。美術館への見本など非売目的で一定枚数刷られますが、
こちらもEA版と同じように市場に出されることがあり、限定番号入りの作品と品質も価値も同じです。


リトグラフとは

送料無料

楽天ID決済

実店舗のご案内

アートギャルリー 日本ぶっくあーと 画廊店内の様子

油彩・水彩・パステル・版画など40坪のフロアに200点以上展示。当画廊は“ミレーの美術館”が有名な山梨県甲府市にあります。北斎の『勝景奇覧 甲州湯村』に描かれた甲府湯村温泉に近いショッピングセンター内です(無料駐車場完備)。甲府富士屋ホテル様を目印にお越し下さい。

店舗情報はこちら

地図はこちら

実店舗から

定休日カレンダー
  • 今日
  • 定休日


★定休日について★
ネットショップでのご注文、メールまたはファックスによるお問い合わせは受け付けています。ただし配送手配とお問い合わせのご返答は休業明けより順次対応となります。実店舗はお休みさせていただきます。ご不便をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。



電話:055-254-5419
(受付10:30~18:00)
FAX:055-254-4143
メール:info@nihonbookart.com

ページトップへ