移転につき実店舗(ギャラリー)をしばらくお休みさせていただいております。 ネットでのご注文はお受けしています。 外商・訪問販売もこれまでどおり行っています。絵画展の企画・開催のご依頼、またその他お問い合わせは info@nihonbookart.com までご連絡ください。ご不便をおかけしておりますが何卒よろしくお願い申し上げます。


グスタフ・クリムト 「ヒマワリの咲く農家の庭」 彩美版(R) シルクスクリーン手刷り 高級複製画 ベルヴェデーレ宮殿美術館正式承認

価格: ¥124,200 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

ベルヴェデーレ宮殿(オーストリア絵画館)公式認定、特別に贈る限定200部

原画を所蔵するベルヴェデーレ宮殿(オーストリア絵画館)の正式認定証を受け、美術館より提供された画像を使用して、卓越した技術で再現された高級複製画。金箔貼りハンドメイド額が、作品をさらに引き立てます。監修はクリムト研究の第一人者である千足伸行先生。ベルヴェデーレ宮殿公式認定証付き。限定200部のみのご提供です。

こちらの作品は、お届けまでに1週間ほどお時間をいただきます。
また、『代引き』によるお支払いと『時間帯お届けサービス』が利用できません。悪しからずご了承ください。

クリムトの風景画作品の中でも、美的センスを遺憾なく発揮した名作

「ヒマワリの咲く農家の庭」の特徴的な正方形の画面は、決して任意に選択されたものではありません。厚紙を切り抜き正方形のファインダーを作り、風景を覗いて、そこから決定づけたものでした。

クリムト「ヒマワリの咲く農家の庭」 原画所蔵・ベルヴェデーレ宮殿(オーストリア・ウイーン)公式認定を受けて制作された複製画 
クリムト「ヒマワリの咲く農家の庭」

それは密室的な落ち着き、安定性などの印象を強めます。小さいながらも心地よい「私だけの部屋」、ひとつの部屋に家族が身を寄せ合うような暖かさを感じさせてくれます。

クリムトにとって風景というテーマは、自らを優しく迎え入れてくれる憩いであり、癒やしを与えてくれるものだったのではないでしょうか。

百花繚乱 -自然につつまれる極上のくつろぎ

クリムト「ヒマワリの咲く農家の庭」 高級複製画 シルクスクリーン手刷り 特注木製額 金箔貼りハンドメイド仕上げ
©Belvedere, Vienna/coordinated by Uniphoto Press

本作は、クリムトが残した多くの静謐(せいひつ)な風景作品の中でも、特に華麗でクリムトの装飾的美的センスを遺憾なく発揮した名作だといえます。画面いっぱいに湧き上がる瑞々しい花々にあたたかく包み込まれる感覚は、まさに極上のくつろぎと言えるでしょう。きらめく生気を与えてくれる百花繚乱の「色彩のシンフォニー」。ぜひお手元でお楽しみください。

ベルヴェデーレ宮殿所蔵、屈指の名作

クリムト「ヒマワリの咲く農家の庭」(彩美版) 高級感あふれる複製画をリビングに飾っている様子
クリムト不朽の名作を、高精度な技術により再現

●原画を所蔵する、ベルヴェデーレ宮殿(オーストリア絵画館)から正式な複製画制作の許諾を受け、美術館が保証する正式画像を使用しています。「クリムト 没後100周年」を記念し、限定200部のみにて提供します。

●世紀末芸術、クリムト研究の第一人者、千足伸行氏(美術史家/成城大学名誉教授・広島県立美術館館長)の監修を得て制作しました。また同氏による詳細な作品解説が添付されます。

●最新の複製技術「彩美版©」により、質感や濃淡の深みなど微細な表現にいたるまで再現しています。職人によるシルクスクリーン手刷りを施し、色鮮やかで格調高い仕上がりが実現しています。

●熟練した職人技術によるハンドメイド仕上げ、安心の国内生産による額を採用。手貼り金箔に、表情豊かな古美加工を施した上質な特注額が、より一層ルノワールの世界観を引き立てます。

ベルヴェデーレ宮殿(オーストリア絵画館)公式認定証

クリムト「ヒマワリの咲く農家の庭」(彩美版)に付属するベルヴェデーレ宮殿公式認定証
付属する認定証

所蔵先の認可の証として認定書が額裏に付属されます。

ベルヴェデーレ宮殿(オーストリア絵画館)

ベルヴェデーレ宮殿(上宮)外観 クリムト「接吻」などの名画を所蔵する美術館
写真:ベルヴェデーレ宮殿・上宮、Oberes Belvedere (撮影:mayumi_nihonbookart)

「ベルヴェデーレ(美しい眺め)」という名のとおり、ウイーンを一望できる小高い丘に立つ宮殿です。オイゲン公の夏の離宮として18世紀に建てられました。幾何学模様のバロック式庭園を挟んで上宮と下宮に分かれていますが、どちらも現在は「オーストリア絵画館」として使われています。「ヒマワリの咲く農家の庭」や「接吻」が展示されているのは上宮の「19・20世紀美術館」です。クリムト作品だけでも24点所蔵し、世界最大のクリムト・コレクションとして知られています。下宮には「中世美術館」と「バロック美術館」があります。

作品仕様

クリムト「ヒマワリの咲く農家の庭」(彩美版) 額縁のサイズ

  
技法  彩美版©シルクスクリーン手刷り
限定  200部
画寸法  タテ 49 x ヨコ 49 cm
額寸法  タテ 62.5 x ヨコ 62.5 x 厚さ 3 cm
重量  3.3kg
用紙  キャンバス
額縁  特注木製額金箔貼りハンドメイド仕上げ、アクリル付き(日本製)
監修・解説  千足伸行(美術史家/成城大学名誉教授・広島県立美術館館長)
制作  共同印刷株式会社
原画所蔵  ベルヴェデーレ宮殿(オーストリア絵画館)

【ベルヴェデーレ宮殿(オーストリア絵画館)に所蔵されている「ヒマワリの咲く農家の庭」の原画について】

画寸法: タテ 110 x ヨコ 110 cm
額寸法: タテ 120 x ヨコ 120 cm
制作: 1907年

彩美版©とは

「彩美版©」は共同印刷株式会社の登録商標です。

画材の質感と豊かな色調を再現するために生み出された新時代の画期的な技法による複製画です。本作制作においては、原画を所蔵するベルヴェデーレ宮殿(オーストリア絵画館)から正式に提供された画像データを使用しています。彩美版©の特徴である最新デジタル加工処理技術と高精度プリント、さらには手刷りによるシルクスクリーンを加え、「ヒマワリの咲く農家の庭」に表された豊かな色彩やクリムトの筆使い、原画の持つ鼓動までをも表現しています。

作品解説  千足伸行

クリムトが56年の生涯に残した作品(油彩)はおよそ250点。その中には未完成作、習作、下絵的な作品や戦争で失われた作品も多く、完成作となると200点を少し超える程度である。その中で風景画は50点余り、つまり完成作のほぼ4点に1点は風景画ということになる。
(中略)
オーストリア・ザルツカンマーグートの風景
オーストリア・ザルツブルクの東側山岳地の避暑地ザルツカンマーグート

クリムトの風景の多くは映画『サウンド・オブ・ミュージック』の舞台ともなった風光明媚なザルツカンマーグートを舞台としている。毎年夏には家族や生涯のパートナーだったエミーリエ・フレーゲとここを訪れ、アッター湖や湖畔のヴィラなどは彼の気に入りのモチーフであった。しかし数の中で最も多く、今も昔も人気が高いのが庭に咲く色とりどりの花の絵で、これもその1点である。(後略)(付属解説書より抜粋)

クリムト「ヒマワリの咲く農家の庭」(彩美版)監修者・千足伸行先生による解説
監修された千足伸行先生

千足 伸行(せんぞく のぶゆき) 

美術史家/成城大学名誉教授・広島県立美術館館長。東京都出身。1940年生まれ。東京大学文学部卒業後、TBSを経て国立西洋美術館に勤務。1970年西ドイツ政府給付留学生としてミュンヘンに留学。国立西洋美術館主任研究官、成城大学文芸学部教授を経て、現在、成城大学名誉教授・広島県立美術館館長。主な企画展に、「英国 ウェールズ国立美術館所蔵 ターナーからモネへ」(2017年)、「大エルミタージュ美術館展」(2017年)、「デトロイト美術館展」(2016年)等。

グスタフ・クリムト 「ヒマワリの咲く農家の庭」 彩美版(R) シルクスクリーン手刷り 高級複製画 ベルヴェデーレ宮殿美術館正式承認

価格: ¥124,200 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

グスタフ・クリムト(Gustav KLIMT)     1862~1918

1862年  オーストリア・ウィーン郊外、バウムガルテン生まれ。

1883年  弟エルンストと友人とともに「芸術家」カンパニーを設立。建築現場装飾の仕事を始める。

1894年  ウィーン大学講堂の装飾天井画を制作(「哲学」「医学」「法学」)。大学にはふさわしくない作品であるという教授らの激しい反対を発端に国内で大騒ぎとなる。

1897年  ウィーン美術連盟を脱退。他の芸術家とともにウィーン分離派を設立し初代会長に就任。

1898年  分離派の第1回展覧会開催。クリムトをはじめ、ロダン(フランス)やクノップフ(ベルギー)など当時大活躍していた芸術家の作品が展示される。

1907年  肖像画「アデーレ・ブロッホ・バウアーⅠ」が世界最高価格の美術品となる。

1908年  ウイーン美術展で「接吻」を発表。

1911年  ローマの国際美術展に「生と死」を出展。大賞受賞。

こちらの作品はいかがでしょうか?

ページトップへ