移転につき実店舗(ギャラリー)をしばらくお休みさせていただいております。 ネットでのご注文はお受けしています。 外商・訪問販売もこれまでどおり行っています。絵画展の企画・開催のご依頼、またその他お問い合わせは info@nihonbookart.com までご連絡ください。ご不便をおかけしておりますが何卒よろしくお願い申し上げます。


クロード・モネ 「睡蓮の池、緑の反映」 彩美版(R) シルクスクリーン手刷り 高級複製画 ビュールレ・コレクション正式承認

価格: ¥151,200 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

「印象派の殿堂」、門外不出のモネの名品

原画を所蔵するビュールレ・コレクション(スイス・チューリヒ)より提供された画像を使用して、卓越した技術で再現された高級複製画。三菱一号館美術館初代館長・高橋明也先生が監修をされています。金箔仕上げのハンドメイド木製額。E.G.ビュールレ・コレクション財団から日本で初めて正式許諾を受けて制作されました。限定300部のみのご提供です。

こちらの作品は、お届けまでに1週間ほどお時間をいただきます。
大型作品のため【ヤマト便】でお送りします。
(『代引き』によるお支払いと『時間帯お届けサービス』が利用できません。悪しからずご了承ください)

「印象派の殿堂」ビュールレ・コレクション

スイスの経済の中心都市チューリヒは、中世のたたずまいを残す歴史ある街です。そのチューリヒに「印象派の殿堂」と呼ばれる、実業家E.G.ビュールレ・コレクションを展示するビュールレ美術館があります。E.G.ビュールレ・コレクションは印象派を中心に約200点を誇り、ルノワール「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢」、ゴッホ「種をまく人」など誰もがいちどは目にしたことがあるような、巨匠の名画がそろっています。その所蔵作品の質の高さからチューリヒの至宝とも呼ばれています。2018年には日本各地でこのE.G.ビュールレ・コレクションの展覧会が開催され大変な話題になりました。

門外不出のモネの「睡蓮」

モネ 睡蓮の池、緑の反映 複製画 共同印刷 彩美版(R) ハンドメイド金箔額仕上げ高級額付き
©Emil Bührle Collection,Zurich

本作品、クロード・モネ「睡蓮の池、緑の反映」も、E.G.ビュールレ・コレクションの展覧会の話題作として注目を集めました。横4メートルを超えるこの大作は、その時に初めてスイス国外に貸し出されました。これだけの名品を初めて見た観覧者はその大きさと美しさに、まさしく圧倒されたのでした。

E.G.ビュールレ・コレクション財団から、日本で初めての正式許諾

スイスのE.G.ビュールレ・コレクション財団から正式な画像提供を受け、日本で初めて、複製画制作の許諾を得て制作いたしました。その証としてE.G.ビュールレ・コレクション財団館長ルーカス・グルーア氏のサイン入り証明書が商品額裏に貼付されています。本作品は、限定300部のみの特別な販売になります。

作品仕様

睡蓮の池、緑の反映 複製画 リビングに飾っている様子・額のサイズ

  
技法  彩美版©シルクスクリーン手刷り
限定  300部
画寸法  タテ 37.6 x ヨコ 80 cm
額寸法  タテ 50.8 x ヨコ 93.2 x 厚さ 2.7 cm
重量  4kg
用紙  キャンバス
額縁  木製金箔額(国産ハンドメイド)、アクリル付き
監修・解説  高橋明也(美術史家/三菱一号館美術館館長)
制作  共同印刷株式会社
原画所蔵  E.G.ビュールレ・コレクション財団(スイス・チューリヒ)

【E.G.ビュールレ・コレクション所蔵の「睡蓮の池、緑の反映」原画について】
画寸法: タテ 200 x ヨコ 425 cm
制作年: 1920-1926年

彩美版©とは

「彩美版©」は共同印刷株式会社の登録商標です。

画材の質感と豊かな色調を再現するために生み出された新時代の画期的な技法による複製画です。本作の制作においては、E.G.ビュールレ・コレクション財団より正式に提供された画像を使用し、彩美版©の特徴である最新デジタル加工処理技術と高精度プリント、さらには一枚一枚職人の手刷りによるシルクスクリーンを施し、「睡蓮の池、緑の反映」に表された豊かな色彩や、作家の筆使いといった絵の鼓動までもが表現されています。

共同印刷株式会社が独自に開発したセキュリティーシールを証明書に貼付しています。スマートフォンなどでフラッシュをたいて撮影すると、作品が共同印刷(KP)の発行する真正な複製画であることが判定できます。

作品解説  高橋明也

「睡蓮」を主題にした作品は、知られているだけでも計300点以上に及び、画家が生涯に手掛けた作品数のおよそ7分の1を占める。その数は年を追って増え、1895年以降(50歳代)にはほぼ半数が、妻アリスが逝去する1911年(70歳代)から第一次大戦後の1920年代(80歳代)になるとほぼ全作品が睡蓮の題材に収斂(しゅうれん)していった。スイス、チューリヒの世界的なコレクションに所蔵されるこの作品は、そうした睡蓮の連作の中でも、最晩年に制作された一連の大作のひとつである。(付属解説書より抜粋)

高橋 明也(たかはし あきや) 美術史家 三菱一号館美術館館長

東京都出身、1953年生まれ。パリ・オルセー美術館会館準備室に勤務を経て、国立西洋美術館学芸課長。現在、三菱一号館美術館館長。専門はフランス近代美術。主な企画展覧会に「ジョルジュ・ド・ラ・トゥール - 光と闇の世界」(2005年)、「コロー光と追憶の変奏曲」(2008年)、「マネとモダン・パリ」(2010年)。2010年フランス芸術文化勲章シュヴァリエ受賞。

クロード・モネ 「睡蓮の池、緑の反映」 彩美版(R) シルクスクリーン手刷り 高級複製画 ビュールレ・コレクション正式承認

価格: ¥151,200 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

クロード・モネ    1840~1926

1840年フランスパリ生まれ。16歳で画家になり、31歳のときにターナーやコンスタブルの影響を受け、外光の明るい色彩に挑む。写実的古典的で堅苦しいサロン芸術が主流だった当時のフランス絵画界において、その旧態依然としたサロンと決別。ピサロ、ルノワール、シスレーなどの仲間とともに、1874年に自由な感性で新たな芸術グループ展を私的に開催。「印象派」の名はこの展覧会(後に第1回印象派展と呼ばれる)に出品した作品「印象・日の出」に由来している。

時間や季節とともに移りゆく光と色彩の変化を生涯にわたり追求し、1880年終わりから晩年にかけては、一つのテーマを様々な天候や季節のもとで描く“連作”が中心になり、「睡蓮」は300点以上制作された。

【ぶっく_あーと】読むと、つながる。読むと、深まる。

モネ『睡蓮の池、緑の反映』を監修された高橋明也先生のご著書です


まるごと三菱一号館美術館―近代への扉を開く




モネと画家たちの旅―フランス風景画紀行

こちらの作品はいかがでしょうか?

ページトップへ