【お知らせ】移転につき実店舗(ギャラリー)をしばらくお休みさせていただきます。ネットショップでのご注文はお受けしています。尚、お問い合わせにつきましてはinfo@nihonbookart.com  までメールにてご連絡いただけましたら幸いです。ご不便をおかけいたしますが何卒よろしくお願い申し上げます。

美術品まめ知識

油彩画とは


特徴


一般的に「油絵(あぶらえ)」と呼ばれています。
顔料を亜麻仁(あまに)などの植物の種から採取された油で溶いて、その絵具をテレピン油という精油で希釈して描かれる絵画です。

顔料は岩石や鉱物などの粉で、それを溶く油は亜麻仁(あまに)のほかに・くるみ・けしなどが一般的です。どの油も酸化乾燥すると固定します。


鮮やかな発色はもとより、細部の表現や、ぬり重ねによる重厚な表現ができるのが油絵の特徴です。



鑑賞のポイント


絵の楽しみ方のひとつとして、その作品がもつ肌合いがあげられます。これはマチエールとよばれるもので、画家がとても大切にするものです。絵肌ともいわれます。

油絵はぬり重ねの表現ができるので、重厚感や絵具の盛り上がりが楽しめるでしょう。また、油彩画が描かれるのは、布(おもに麻や木綿)や木などですが、それらの素材が違えば印象も変わりますので、布や木などの素材と絵具とのふれあい方も見所でしょう。



歴史


油彩は、亜麻仁油の産地だったフランドル地方(現在のベルギー)が発生で、ヤン・ファン・エイク(1390~1411)という画家が兄のフーベルトとともに完成させたといわれています。

顔料に卵を混ぜて描く「テンペラ画」に比べると、油彩画は絵具が乾燥するのに時間がかかります。しかし透明感があってグラデーションなどの豊かな色調表現も可能なことから、15世紀以降のヨーロッパでは、テンペラ画に代わる技法となりました。

ちなみに、日本で油絵が本格的に知られるようになったのは19世紀、明治初期です。皆さんご存知のように、鎖国をしていた日本では長い間外国の文化を学ぶことが厳しく禁止されていたため、油絵の広まりが遅かったのです。

開国後まもなくイギリスの報道画家として来日したチャールズ・ワーグマン(1832-91)に、五姓田義松(ごせだ よしまつ)が入門して油彩画を学び始めたのが1865年、そして高橋由一(たかはし ゆいち)が弟子入りしたのがその翌年でした。

日本での歴史が二世紀にも満たない油絵は、歴史の長い日本画に対して、「新画」と呼ばれることもあります。



参考:
「岩波 西洋美術用語辞典」益田朋幸・喜多崎親 編著、岩波書店;
「カラー版 絵画表現のしくみ」 森田恒之 監修、美術出版社;
「美術品販売手引書」 ほるぷ営業企画部 編集、ビジョン・ヌーベル社広報部 監修

号数について

カンヴァスの大きさには規格化されたサイズがあります。“号”という言葉はみなさんもご存知でしょう。『評価額“1号”あたり...』などという表現でおなじみかもしれません。

1号、2号、...100号と、号数が大きくなるにつれてカンヴァスサイズも大きくなります。 さらに、カンヴァスの長辺と短辺の比率によって、同じ号数でもF、P、M、などのタイプに分けられて、“F1号”や“P1号”などと表されます(号数表は下に掲載)。


一般的に用いられるのは、前述のF、P、Mの3種類です。それぞれフランス語に由来していて、FはFigure(人物)、PはPayage(風景)、MはMarine(海景)です。

しかし、『人物の絵だから“F”』とか『海の絵だから“M”』ということはありません。また、作品全てが下図のサイズとピッタリ合致するわけでもありません。


商品化された規格サイズではなく、ご自身で制作される画家もいらっしゃいますし、絵のイメージに合わせて特注される作家もいらっしゃいます。


なお、国によって規格に若干の違いもありますので、学術的な記述では“号”という単位は使われません(センチメートル、インチなどで記載)。


版画のサイズ表記に“号”は用いませんが、号数の方が大きさをイメージしやすいというお客様もたくさんいらっしゃいますので、当ギャラリーでもご要望がある場合は『だいたい10号ぐらいですね』などとお答えします。


家の大きさでも“100平方メートル”よりも“30坪”と言われた方が分かる、とおっしゃられるのと同じ感覚でしょう。


号数表

 

リトグラフとは

リトグラフ(石版画)は、木版画と違い原版を彫らない版画技法です。ひとことで言うと、化学反応と、油と水とが混ざらない性質を利用して、版にインクが付くところと付かないところを作る版画です。

油性のリトクレヨンや絵具で原版に直接絵を描いて、そのあと薬品をつかってその絵が版に定着するよう処理をして版が作られます。
(主要な制作工程はブログに別記。 ここをクリックするとご覧いただけます)

もともとは石灰石が使われていましたが、現在では亜鉛(ジンク)版やアルミ版などの薄い金属版が主流となりました。

白黒ではない、多色リトグラフの場合は、色の数と同じだけの版が必要です。つまり、15色使いたいと思ったら15版必要になります。何色も色が重ねられますので明るくてカラフルな作品となり、装飾性に優れていて油絵とは違った趣が楽しめるのが特徴です。


1つの作品で制作される数は限られていて、何枚刷るかは通常作家側が決めます。50部しか作らないものから300枚前後と様々ですが、あくまでも限定刷りですので刷り終了後は石版上のデッサンを消してしまいます。

刷りあがった作品は、一枚一枚出来具合がチェックされ、品質が保証されると番号が記入されます(エディション番号)。

分数の場合は、分母が作品の限定数分子が刷り番号です。しかし、刷り番号は必ずしも刷り順と一致していません。また、技術的にも早い番号のほうが刷り質が優れているということはありません。

画家は制作料を版元から受け取るとともに、若干の作品を保有できることになっています(作家保存版)。通常は、総刷り数の約5%です。限定番号の代わりに、E.A.またはEpreuve d' Artiste (エプルーブ・ダルティスト/フランス語)と記入され一般にEA版と呼ばれています。

E.A.ではなくA.Pと記入されることもあり、これは Artist's Proof(アーティスツ・プルーフ/英語)の略です。

版元で刷り番号入りの作品が売り切れた場合、作家からこのEA版やAP版を買い取り市場に出すことがあります。

たまに「EA版は価値がある」と言って販売している業者もいるようですが、作品の品質も価値も番号入りのものと変わりません。

実際、私達の取り扱ったオリジナルリトグラフの中でEA版と限定番号版との違いから価格に差をつけて売ったことは一度もありません。

なお、H.C.と記入された作品もありますが、これは Hors Commerce(オル・コメルス/フランス語)の略で非売品という意味です。美術館への見本など非売目的で一定枚数刷られますが、
こちらもEA版と同じように市場に出されることがあり、限定番号入りの作品と品質も価値も同じです。


リトグラフとは

エスタンプとは

エスタンプとは複製版画のことです。フランス語のestampe、もともとは版画全般を意味する言葉でしたが、近年は複製版画の意味で使われています。

版画の為の下絵からではなく、既に描かれている油絵、水彩、グワッシュ(不透明水彩)、素描(鉛筆、チョーク、によるデッサン)などのオリジナルとして存在する原画をもとに、職人が版に絵を描くか写真製版の手段を用いて製版して、刷られたものです。

原画を描いた画家がこの版画制作に関わることはありません。


複製画を作成するために、著作権所有者である作家本人または相続人に許可を得ます。日本とヨーロッパとでは著作権の年数が違いますが、無許可で制作するのは法律違反で“海賊版”といわれます。

画家自身が制作に関わる版画をオリジナル版画といいますが、オリジナル版画に比べるとエスタンプは手ごろな価格でご購入いただけるので広く普及しており、インテリアとして掛けるには最適でしょう。


原画に忠実に作られた作品ではありますが、エスタンプはあくまでも“複製”です。残念ながら美術品としての価値はありません。

カーボランダムとは

カーボランダム版画のカーボランダムとは炭化ケイ素のことです。炭素とケイ素が結合した物質で、硬い・アルカリや酸に侵されにくい・熱に強いといった特長があり、研磨剤などに使われます。


版を彫らずに、このカーボランダムの特性を使って版を作り、用紙に刷る技法がカーボランダム版画です。

金属版やプレキシガラス等の版に、プラスチック樹脂と粒状のカーボランダムの混合物を塗って乾燥させると塗った部分が非常に硬くなり、表面がデコボコのレリーフ状になります。そしてこの凹凸(おうとつ)ができた版の上に油性のリトグラフ・インクを塗って用紙に刷りとれば版画作品ができるというわけです。

刷るときは、プレス機(圧力17トンまで)で紙を押さえ込みますが、このとき用紙には原版の形状に凹凸がつき、凹の部分と手で色づけされた部分が印刷されます。凹凸がある版に大きな圧力を加えるため、用いられるのは破れないような厚い紙です。この紙はあらかじめ霧吹きなどで湿らせて柔らかくしておきます。

インクは凸部にも凹部にも添付することができることから、色の濃淡に変化をつけることが可能です。

非常に変化に富んだ表現ができるので、ミロ、クラーべ、パパー、コワニャ、エレノン、ブリッソン、コタボ、ヴァイデリッヒなど、多くの画家がこの革新的な技法を用いて作品を制作しています。

ジクレとは

ジクレとは版画技法の一種で、最新のコンピュータ技術を駆使して作られるハイテクな高画質印刷による版画です。


従来の版画、例えばリトグラフや木版などのように版は使いません。また、シルクスクリーン版画で用いられるようなスクリーンも使いません。キャンバスや版画用紙に、インクがダイレクトに吹き付けられ高精細な画面が再現されます。ちなみにジクレの語源であるgicleeはフランス語でインクのふきつけを意味しています。


ジクレ専用のインクジェットプリンタからは耐光性に優れた高性能の顔料インク噴射されます。これは驚くほど微細なインクの粒子で、使われる機械にもよりますが、粒子の直径は最小で約15ミクロン。人間の赤血球ぐらいの大きさとのことです。


毎秒約4百万以上のミクロ粒子が噴きつけられて、実に7万色以上もの微細な色彩表現が可能とされます。ですから、原画に忠実な表現、つまり筆遣いや微妙な色彩の変化などを逃すことなく正確に再現することができるのです。

実際、この最新ハイテク版画技術は、現在では最も原画に近い版画の制作方法であると知られていて、また、美術品市場で認知されているという点からも、優れた技法であるということがお分かりいただけると思います。


仕上がりは通常、表面が乾燥した感じです。しかしその上からさらにシルクスクリーンで透明のニスをかけたり、その他の特殊加工を施すことで質感が変わります。

また、ジクレ技法で同じ原画作品の版画をつくったとしても、様々な要因で作品の仕上がりには格段の差がでてしまいます。


一例:
 ● 原画データの精細さ
 ● ジクレ用インクジェットプリンタの種類
 ● 顔料インクの種類
 ● インクを噴きつけるメディウム(土台となるもの・油彩用キャンバス、紙など)、
 ● 併用する技法       など

シルクスクリーンとは

シルクスクリーンとは、原版に穴をあけて、そこから紙面にインクを刷り込む【孔版】と呼ばれる版画技法のひとつです。謄写版(とうしゃばん)をご存知の方は、その謄写版を大きくしたものと思っていただけますとイメージしやすいでしょう。


木枠にはったナイロンや目の細かい絹網に、何らかの方法で部分的に目をつぶして(目止め)インクが出ない部分をつくります。目止めしたところ以外はインクが通り、これが版となります。

版上に粘性のインクを流し込み、これをゴム製のヘラ(スクィージ)で伸ばします。版を通して押し出されたインクによって、その下に置かれた紙に絵柄が刷りだされるというのがシルクスクリーンの簡単な原理です。

版画の技法は色々ありますが、唯一、下地が反転せずにそのままの形で刷り上がる技法です。



東アジアでは染色用に用いられていた技法のようです。欧米では、1920年代にアメリカで始められ、ヨーロッパでは1950年代に始められるようになりました。

特に、ヴァザレリ、マヴィニエなどのオプティカルアーティスト、ロイ・リキテンスタイン、ジム・ダインなどのポップアーティストたちはその鮮烈な色彩効果ゆえにシルクスクリーン技法を高く評価しました。


シルクスクリーンとは 版画の一種 アートギャルリー日本ぶっくあーと

送料無料

楽天ID決済

実店舗のご案内

アートギャルリー 日本ぶっくあーと 画廊店内の様子

油彩・水彩・パステル・版画など40坪のフロアに200点以上展示。当画廊は“ミレーの美術館”が有名な山梨県甲府市にあります。北斎の『勝景奇覧 甲州湯村』に描かれた甲府湯村温泉に近いショッピングセンター内です(無料駐車場完備)。甲府富士屋ホテル様を目印にお越し下さい。

店舗情報はこちら

地図はこちら

実店舗から

定休日カレンダー
  • 今日
  • 定休日


★定休日について★
ネットショップでのご注文、メールまたはファックスによるお問い合わせは受け付けています。ただし配送手配とお問い合わせのご返答は休業明けより順次対応となります。実店舗はお休みさせていただきます。ご不便をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。



電話:055-254-5419
(受付10:30~18:00)
FAX:055-254-4143
メール:info@nihonbookart.com

ページトップへ