移転につき実店舗(ギャラリー)をしばらくお休みさせていただいております。 ネットでのご注文はお受けしています。引き続き新型コロナウイルスの感染防止対策に取り組み、お客さまのご健康を最優先に考えて、外商・訪問販売させていただきます。絵画展の企画・開催のご依頼、またその他お問い合わせは info@nihonbookart.com までご連絡ください。ご不便をおかけしておりますが何卒よろしくお願い申し上げます。

マリー ローランサン「笛を持つ少女」(らっぱを持って)リトグラフ

価格: ¥0 (税込)
数量:
在庫: ご売約済みです
ご売約済みです ありがとうございます

返品についての詳細はこちら

twitter
マリー ローランサン 「笛をもつ少女」 リトグラフ
詩情あふれる淡いタッチで描かれた、人気のローランサン作品。
版画のようにみえないかもしれませんが、リトグラフです。
原画はマリー・ローランサン美術館(長野県茅野市)に所蔵されている『らっぱを持って』1929年作。
マリー ローランサン 「笛を持つ少女」 リトグラフ 額付です

マリー・ローランサン 複製版画 笛をもつ少女



■技法: リトグラフ 
■画面サイズ(約): タテ 57.5 × ヨコ 46.5 センチ
■額装サイズ(約): タテ 91 ×ヨコ 77 センチ
■サインなど: 刷り込み(版上)サイン、刷り師サインあり
■限定部数: 275
■コンディション: 良
■制作: ディジョベール工房(パリ)
■その他: 額付、著作権管理団体ADAGP(グラフィックアートおよび造形芸術作家協会)の承認エンボス入り


原画: 『らっぱを持って』 1929年作 カンヴァスに油彩 65×54?

原画所蔵: マリー・ローランサン美術館(長野県茅野市)




マリー・ローランサン (Marie Laurencin) 1883-1956
パリ生まれ

磁器の絵付けやデッサンを学んだ後、1904年頃から本格的に画家への道を歩み始める。
モンマルトルにあった芸術家たちの共同アトリエ「洗濯船」に通い、
ピカソやブラック、詩人のアポリネールらと親交をもち、
彼らを通してフォーヴィスム、キュビスム、素朴派など
当時の様々な芸術動向に接し多くの刺激を受ける。
ドイツ人貴族と結婚し、第一次世界大戦中はスペインへの亡命を余儀なくされるものの、
この間に徐々に確立された画風が戦後復帰したパリ画壇で花開く。

女性らしい豊かな感受性と独特の柔らかい形態の絵を描き、
エコール・ド・パリの女流画家として、甘美な女性像を数多く制作。
舞台装飾やデザインをはじめ、本の挿絵や版画も多く手がけるなど、応用美術の分野でも才能を発揮。

      

こちらの作品はいかがでしょうか?

ページトップへ