移転につき実店舗(ギャラリー)をしばらくお休みさせていただいております。ネットでのご注文はお受けしています。お問い合わせにつきましてはinfo@nihonbookart.com  までメールにてご連絡いただけましたら幸いです。ご不便をおかけいたしますが何卒よろしくお願い申し上げます。

画廊のオヤジ

2012年、私が絶対に見逃したくない展覧会 2

尾形光琳 八橋図と太田唯男写真:
日本ぶっくあーとのスチャラカ社長と
尾形光琳『八橋図屏風(ニューヨーク・メトロポリタン美術館)』


 (『2012年、私が絶対に見逃したくない展覧会』 からのつづき)

こんにちは、いつもスチャラカ社長から仕事を丸投げされています、
アートギャルリー日本ぶっくあーと 見習い12年目のmayumiです。

社長が個人的に言っている“絶対に見逃したくない美術展トップ3”の
補足説明をします。


1  KORIN展 2012年4月12日~5月20日 根津美術館
   
https://www.nezu-muse.or.jp/

昨年4月に開催される予定でしたが、
東日本大震災にともなう諸事情で延期されていた展覧会です。

KORINとは、そうです、尾形光琳(おがた こうりん/1658~1716)のこと。
江戸時代を代表する京都人の画家です。
美術の教科書に載っていましたね。


そのKORINの傑作、『燕子花図屏風(かきつばたずびょうぶ)』と
八橋図屏風(やつはしずびょうぶ)』は、
日本とアメリカに離れ離れに所蔵されているのですが、
なんと、約100年ぶりにKORIN展で再会

Ohこれは素晴らしい!!
根津美術館さま、ありがとうございます、ということで
スチャラカ社長が“個人的に絶対に見逃したくない美術展トップ3”の
ひとつに選びました。

先日70歳を迎えたばかりの社長です。
このチャンスを逃すと、次は100年後になるかもしれない。
170歳まで待てない
。』ということでしょう。

『燕子花図』は、屏風にかきつばたのみが描かれている、あの作品。
かきつばただけなのに、えも言われぬリズム感と調和。
使われている色は、屏風の金、かきつばたの群青(ぐんじょう)、
そして葉と茎の緑青(ろくしょう)、という必要最小限。
しかも、花と茎は同じパターンの繰り返し...

それなのにあの美しさ。
恐ろしいほどに洗練されています。

根津美術館所蔵。
国宝です。


そして『燕子花図屏風(かきつばたずびょうぶ)』と
混同されやすいのが『八橋図屏風(やつはしずびょうぶ)』。
テーマは同じです。
でも決定的な違いは、橋が描かれているということ。

花の柔らかな線と橋の直線...構成が本当に素晴らしいですね。
こちらは『燕子花図』を描いてから十数年後に制作されたそうです。
ニューヨークのメトロポリタン美術館に所蔵されています。
(上の写真をご参照ください)


根津美術館で『燕子花図』をご覧になったことがある方も、
メトロポロタン美術館で『八橋図』をご覧になったことがある方も、
さすがにこの2作品を同時にご覧になったことはないでしょう。

本当に貴重な展覧会です。
見逃すわけにはいきません!


KORINや『燕子花図』、『八橋図』の詳しい解説は
ここでは省略しますので、書籍などをご参考になさってください。


KORINはなかなか興味深い画家です。
日本画にあまり関心がない方でも、結構おもしろく読めると思います。

ちなみに私とKORINの最初の出会いは、家にありました名画集です。
小学校高学年の時でした。
解説を読んでも全部は分かりませんでしたが、
『こういう、“どうしようもない人なのになんとかなっちゃう人”って
昔からいるんだ...』と思いました。

どういう人かというと...

裕福な呉服商当主の次男として生まれ、京都のぼんぼんだったKORIN。
30歳の時にお父さんの宗謙(そうけん)が亡くなった後も、
手に入った多額の遺産を使ってずいぶん派手な生活を
していたそうです。
4人の女性にそれぞれ一人ずつ子供を産ませたとか...

ですから、さすがに30代の終わりには経済的に大ピンチ。
本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)のすずり箱や
俵屋宗達(たわらやそうたつ)の屏風を質に入れたりする始末。

5歳年下の弟・乾山(けんざん/陶芸家)に
『お金貸して』という状態まで落ちてしまった兄に、
弟がたまりかねて忠告したとのこと...

仕方なく、財産を整理して、
弟が焼いた陶器の焼付けを手伝ったり、
着物の小袖に絵を描いたりして、
画技で生活するようになりました。

名を“光琳(こうりん)”と改めたのは34~35歳頃で、
画家として生きていく決意を固めたのが40歳頃。
そして前述の『燕子花図屏風(かきつばたずびょうぶ)』は
40代半ばころの作品とされています。

58歳で亡くなっていますので、画家としての生活はわずか
20年足らず。
それなのに、残っているのは見事な作品ばかりです。

最高の芸術に触れる環境に育ったからこその才能でしょうか。
なにしろ、実家は裕福な呉服商。
しかも大奥の御用達。
当時の最先端・最高級の着物に囲まれて育ったというだけでも
美的センスを養うには十分なのに、それだけではありません!

KORINのひいおばあさんは、
あの本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)のお姉さん。
光悦といえば江戸時代のマルチ芸術プロデューサーです。
尾形家にも光悦の作品や、光悦とゆかりのある
どえらい方々のお宝がごろごろしていたでしょう。

KORINのおじいさんの宗柏(そうはく)は、
学問はもちろん、書、能、茶をたしなみ、
叔父さんにあたる光悦の画塾で手ほどきを受けた方。

KORINのお父さんの宗謙(そうけん)も、
光悦のお弟子さんに書を学んだり、
狩野派の絵を学んだりした風雅な旦那。

その風雅人に絵や能を教わったKORIN...

町人といえどアッパークラスの系譜のお家柄。
好き勝手に遊んで暮らして堕落したとはいえ、
窮地に追い込まれて始めた画技で才能を発揮してしまうとは...
ただの放蕩(ほうとう)息子に終わらなかったところがすごい。

KORINの話だけで十分長くなってしまいました。

社長が個人的な“絶対に見逃したくない美術展トップ3”のうち、
残り2つの展覧会の補足説明はまた次回にします。


2012.01.16.
アートギャルリー日本ぶっくあーと
見習い12年目 mayumi

送料無料

楽天ペイ

実店舗のご案内


【移転につき現在ギャラリーを一時お休みしています】

アートギャルリー 日本ぶっくあーと 画廊店内の様子

油彩・水彩・パステル・版画など40坪のフロアに200点以上展示。当画廊は“ミレーの美術館”が有名な山梨県甲府市にあります。北斎の『勝景奇覧 甲州湯村』に描かれた甲府湯村温泉に近いショッピングセンター内です(無料駐車場完備)。甲府富士屋ホテル様を目印にお越し下さい。

店舗情報はこちら

実店舗から

定休日カレンダー
  • 今日
  • 定休日


★定休日について★
ネットショップでのご注文、メールまたはファックスによるお問い合わせは受け付けています。ただし配送手配とお問い合わせのご返答は休業明けより順次対応となります。実店舗はお休みさせていただきます。ご不便をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。



電話:055-254-5419
(受付10:30~18:00)
FAX:055-254-4143
メール:info@nihonbookart.com

ページトップへ