移転につき実店舗(ギャラリー)をしばらくお休みさせていただいております。 ネットでのご注文はお受けしています。引き続き新型コロナウイルスの感染防止対策に取り組み、お客さまのご健康を最優先に考えて、外商・訪問販売させていただきます。絵画展の企画・開催のご依頼、またその他お問い合わせは info@nihonbookart.com までご連絡ください。ご不便をおかけしておりますが何卒よろしくお願い申し上げます。

画廊のオヤジ

ヨゲンノトリ を所蔵している山梨県立博物館で ニュースに登場


となりの家のお姉さんが、駆け寄ってきました。
「太田さん、ニュース見たよ。映ってたじゃん」


新型コロナのためにお休みしていた、山梨県内の文化施設が再開したというニュースです。
今話題の「ヨゲンノトリ」を所蔵している山梨県立博物館がとりあげられました。
(「ヨゲンノトリ」については後述します)

その日たまたま博物館へお伺いした私が、なんとニュースに映ってしまったのです。
いやぁ、はずかしい。

↓↓

山梨県立博物館が再開しました。ニュースに映る日本ぶっくあーと太田唯男。




山梨県立博物館が再開しました。ニュース内でコメントしている日本ぶっくあーと太田唯男。


実は、仕事の所用も兼ねて訪れたのです(だから胸元に名札を付けています)。
用事がすんだら展示を拝見するつもりで楽しみにしていたものの、まさかですよねぇ…




駐車場に着くと、ものものしい雰囲気だったんですよ。
事情を知らないため、「事件でもあったのかな、入れないのかな」と心配になって、うちの見習いに電話したほどです。

「博物館さんは今日が再オープン初日ですよ。規制とか検温とかでいつもと違う雰囲気なんじゃないんですかぁ」と、のんきな見習いに言われて「ああ、そうなんだ」と思ってノコノコ行くとカメラが…


毎日新聞の記者さん、テレビ局のスタッフさんにお話しすることになってしまいました。まったく心の準備がないのですから、そりゃぁあわてましたね。




テレビではその日の夕方のニュースで放送されたようです。
翌日おとなりさんから聞いて知り、インターネットで確認しました。

テレビ山梨(YBS)さんと山梨放送(UTY)さんでした。
ドキドキしていたので、何を話したかも覚えていませんでした。


●山梨放送さんの「YBS ワイド ニュース
県立博物館、文学館、考古博物館などが開館
2020.05.22 18:51

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、休館が続いていた県立の文化施設が開館した。
来館者からは「コロナを一瞬でも忘れられる」と歓迎の声があがった。

※放映された映像は今は見られません



●テレビ山梨さんの「UTY ニュース
来場者を検温 入場制限も 山梨県立博物館 3か月ぶりに再開
2020.05.22 19:00

※YouTubeで限定公開





うちの見習いがゲラゲラ笑いながら、
「事前準備なしであれだけ話せれば、100点満点」
「YBSさんとUTYさんと、それぞれに違うコメントを述べられたのは、1万点」と言ったので良しとします。



でも、博物館での予期せぬ出来事に動揺してしまい、「ヨゲンノトリ」特設コーナーをうっかり写真に撮ってこなかったことが悔やまれます。

「ヨゲンノトリ」が描かれている書物『暴寫病流行(ぼうしゃびょうりゅうこう)日記』は、8月17日(月)まで公開されているので、チャンスを逃さずまた行くつもりです。


2020.06.05.

日本ぶっくあーと
太田唯男

*************************


【追記】「ヨゲンノトリ」と「安政のコレラ」について

江戸時代後期の安政5(1858)年のことです。長崎を発端としたコレラが全国で猛威をふるいました。

甲府でその病が広がり始めるころ、いまの山梨市の役人・喜左衛門がたまたま甲府に滞在していて、市中での感染拡大の状況を『暴瀉病流行日記』に記録しました。

犠牲者が増え続ける中、喜左衛門が耳にして『日記』に残したのが、「ヨゲンノトリ」のお話です。頭がふたつあり、疫病の大流行を予言してこう告げたと記されています。

「我らの姿を朝夕に仰ぎ、信心するものは必ずその難を逃れることができるであろう」



このときのコレラは「安政のコレラ」として知られています。江戸での犠牲者は3~4万人と伝えらていて、その中には浮世絵界のスーパースター、初代・広重も含まれています。

幕末期から明治という大転換期における政治や医療を描いた、手塚治虫先生の長編マンガ『陽だまりの樹』にも「安政のコレラ」の話が登場します(第34章「コロリ参上」)。あっというまにバタバタと亡くなっていく人々、混乱する人々の様子に、疫病の恐ろしさが表現されています。


手塚治虫『陽だまりの樹』第6巻






**************************

ヨゲンノトリ 山梨県立博物館 所蔵
「ヨゲンノトリ」、『暴寫病流行日記』部分
山梨県立博物館所蔵


山梨県立博物館
山梨県笛吹市御坂町成田1501-1


■開館時間
・午前9時から午後5時 (入館は午後4時30分まで)


■休館日
・火曜日 (火曜日が祝日の場合は開館し、翌日の水曜日が休館となります)
・祝日の翌日 (土曜日が祝日の場合、翌日の日曜日は開館します)
・12月29日~1月1日(年始は1月2日から開館します)
そのほか、臨時開館・臨時休館の場合もあります。

■入館料
・一般520円 
・大学生220円

●20名以上の団体、 一般840円 大学生420円
●山梨県内ホテル・旅館宿泊者割引料金、 一般840円 大学生420円

※以下の方は常設展・企画展の観覧料が無料です
 ・小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の児童・生徒、
 ・山梨県内在住65歳以上(免許証・健康保険証など持参)

※以下の方は常設展の観覧料が無料です
 ・県外在住65歳以上(免許証・健康保険証など持参)
 ・障害者手帳をご持参の方はご本人と介護をされる方









ページトップへ