移転につき実店舗(ギャラリー)をしばらくお休みさせていただいております。 ネットでのご注文はお受けしています。引き続き新型コロナウイルスの感染防止対策に取り組み、お客さまのご健康を最優先に考えて、外商・訪問販売させていただきます。絵画展の企画・開催のご依頼、またその他お問い合わせは info@nihonbookart.com までご連絡ください。ご不便をおかけしておりますが何卒よろしくお願い申し上げます。

小泉淳作 「雲龍」 銅版画 

価格: ¥0 (税込)
数量:
在庫: ご売約済みです
ご売約済みです ありがとうございます

返品についての詳細はこちら

twitter

大迫力の大判銅版画、希少な作品

鎌倉・建長寺法堂天井画『雲龍図』、京都・建仁寺法堂天井画『双龍図』、奈良・東大寺本坊襖絵全40面などを制作した小泉淳作先生の作品。弊社社長が大切に大切に保管していた最後の1枚をついに公開。

作品仕様

技法 銅版画 2版2色刷、手彩色
限定 100部
画寸法 タテ101.5 x ヨコ61.8 cm(40号大)
額寸法 タテ130 x ヨコ90 cm
サインなど 自筆サイン、落款、タイトル書きあり
その他 額付き

小泉 淳作(こいずみ じゅんさく)  1948-2012

1948年
神奈川県鎌倉市生まれ
1943年
慶応義塾大学文学部を中退し、東京美術学校(現東京芸大)日本画科に入学
1952年 東京美術学校卒業、山本丘人に師事
1954年
新制作協会に初入選
1969年
雅号を淳から本名の淳作に戻す。中央公論画廊にて初個展開催
1974年
第1回創画会に参加し入選
1977年
第4回山種美術館展にて優秀賞を受賞
2000年
建長寺(鎌倉)法堂天井画「雲龍図」完成
2001年
建仁寺(京都)法堂天井画「双龍図」完成。第50回神奈川文化賞受賞
2010年
5年の歳月をかけて完成させた東大寺本坊襖絵(40面)を奉納
同年9月に日本橋高島屋にて「平城遷都1300年 光明皇后1250年御遠忌 東大寺本坊襖絵完成記念 小泉淳作展」を開催(主催:日本経済新聞社、以後2011年2月まで横浜・京都・大阪の高島屋各店を巡回
2012年
1月9日 逝去(享年87)

日本画のみならず陶芸・挿絵・版画と幅広い制作を展開。
どの美術団体にも所属せず、「孤高の画家」と呼ばれた。

こちらの作品はいかがでしょうか?

ページトップへ