移転につき実店舗(ギャラリー)をしばらくお休みさせていただいております。 ネットでのご注文はお受けしています。 外商・訪問販売もこれまでどおり行っています。絵画展の企画・開催のご依頼、またその他お問い合わせは info@nihonbookart.com までご連絡ください。ご不便をおかけしておりますが何卒よろしくお願い申し上げます。

 

ピエール=オーギュスト・ルノワール 「二人の姉妹 -テラスにて-」 彩美版(R) シルクスクリーン手刷り 高級複製画 シカゴ美術館正式承認

価格: ¥126,500 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

「幸福」の情景を永遠なるものに

原画を所蔵するシカゴ大学美術館(アメリカ合衆国)より正式認可された画像を使用して、卓越した技術で再現された高級複製画。2016年に国立新美術館で開催された「ルノワール展」をキュレーションした横山由季子先生が監修をされています。金箔仕上げのハンドメイド特注額。ルノワールの作品の中でも、屈指の人気を誇る名画。限定200部のみのご提供です。

こちらの作品は、お届けまでに1週間ほどお時間をいただきます。
また、『代引き』によるお支払いと『時間帯お届けサービス』が利用できません。悪しからずご了承ください。

ルノワール作品の中でもっとも親しまれている名作の一つ!

「眼の前に広がる「幸福」の情景を永遠のものにしようと、この絵画で新たな境地を切り開いた」

「作品の舞台となったのは、パリ郊外の行楽地、セーヌ川に浮かぶ島シャトゥーに今も残るレストラン「フルネーズ」のテラスである。この小さな島は、週末になるとボート遊びをする人々でにぎわっていた。」(本作品添付解説書より)

のちに女優として名を馳せる18歳のジャンヌ・ダルロー

ルノワール 二人の姉妹 複製画 ハンドメイド金箔仕上げ高級額付き 
©The Art Institute of Chicago / Bridgeman Images / PPS

「その憂いある顔立ちが、青みがかった目元によって引き立てられている。ジャンヌはパリのジムナーズ座、次いでコメディ・フランセーズで舞台に立ち、その洗練された容姿と優雅で繊細な演技から、パリの女王のひとりとまで評された。

1914年に世を去った際には、莫大な遺産を孤児や病気の子供たち、そして舞台俳優のために寄付している。他方、花かざりのついた帽子を頭にのせた、あどけない少女のモデルは特定されていない。」(本作品添付解説書より)

※「二人の姉妹」というタイトルに反して、実は姉妹ではないことがわかっています。

鮮やかで深みのある色調が実現

ルノワール 二人の姉妹 複製画 リビングの絵画
ルノワールの原画イメージを再現した高級複製画

●ルノワール作品中、屈指の人気を誇る名画を限定200部のみにてご提供します。

●最新の複製技術「彩美版©」により、ルノワールの筆致の細部にいたるまでお楽しみいただけます。さらにシルクスクリーン手刷りを施し、色鮮やかで深みのある色調が実現しています。

●「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵ルノワール展」(2016・国立新美術館)をキュレーションした、横山由季子氏(美術史家/金沢21世紀美術館 学芸課 学芸員)の監修を得て制作。同氏による、作品の魅力がよく分かる解説書が添えられます。

●額は熟練した職人技術によるハンドメイド仕上げ、安心の国内生産です。金箔仕上げの高級感あふれる特注額が、より一層ルノワールの世界観を引き立てます。

作品仕様

ルノワール 二人の姉妹 複製画 サイズ
  • 【技法】   彩美版©シルクスクリーン手刷り
  • 【限定】  200部
  • 【画寸法】   タテ 53 x ヨコ 43 cm
  • 【額寸法】  タテ 66 x ヨコ 56 x 厚さ 2.8 cm
  • 【重量】   3.5kg
  • 【用紙】  キャンバス
  • 【額縁】  特注木製額金箔貼りハンドメイド仕上げ、アクリル付き(日本製)
  • 【監修・解説】  横山由季子(美術史家/金沢21世紀美術館 学芸課 学芸員)
  • 【制作】  共同印刷株式会社
  • 【原画所蔵】  シカゴ美術館(アメリカ合衆国)

原画について

ルノワール「二人の姉妹 -テラスにて-」
画寸法: タテ 100.4 x ヨコ 80.9 cm
制作年: 1881年

ルノワールの2つの作品をならべてみました

ルノワール 「春の花束」と「二人の姉妹」 複製画 サイズ比較
(左)「春の花束」、(右)「二人の姉妹」

彩美版©とは

「彩美版©」は共同印刷株式会社の登録商標です

画材の質感と豊かな色調を再現するために生み出された新時代の画期的な技法による複製画です。本作制作においては、所蔵先のシカゴ美術館より正式に提供された画像データを使用しています。彩美版©の特徴である最新デジタル加工処理技術と高精度プリント、さらには一枚一枚手刷りによるシルクスクリーンを加え、「二人の姉妹 -テラスにて-」に表された豊かな色彩やルノワール筆使い、原画の持つ絵の鼓動までをも表現しています。

監修・解説  横山由季子(よこやま ゆきこ)

美術史家、金沢21世紀美術館 学芸課 学芸員

香川県出身。東京大学大学院博士課程(表象文化論)満期退学、世田谷美術館学芸員、パリ西大学ナンテール・ラ・デファンス校(美術史)留学を経て現職。専門はフランスを中心とした近現代史美術。主な企画展覧会に、「ザ・コレクション・ヴィンタートゥール展」(2010年)、「オルセー美術館展 印象派の誕生 -描くことの自由-」(2014年)、「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」(2016年)、「ジャコメッティ展」(2017年)など。

ピエール=オーギュスト・ルノワール 「二人の姉妹 -テラスにて-」 彩美版(R) シルクスクリーン手刷り 高級複製画 シカゴ美術館正式承認

価格: ¥126,500 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

ピエール=オーギュスト・ルノワール    1841~1919

1841年フランス・リモージュ生まれ。1854年、13歳の時に磁器工場の絵付け職人見習いとなる。1861年よりシャルル・グレールの画塾に入り、モネやシスレーと交流を持ち、1962年エコール・デ・ボーザール(国立美術学校)に入学。

印象派展には1874年の第1回展から出品。印象派の運動に入り第3回展まで参加するものの、次第に印象派の技法に疑問をもちはじめ、1878年からサロンに出品。翌年のサロンで大成功を収め、肖像画家として認められたこともあり独自の道を歩む。晩年はリューマチを患いつつも、マヒした手に筆をくくりつけて制作を続けた。

【ぶっく_あーと】つながるインフォメーション

19世紀後半、パリではピクニックがはやりました。美しい自然を存分に楽しめる、郊外へでかけたのです。パリから列車で20分ほどのセーヌ河畔の町・シャトゥー島は、当時大人気の行楽地。「二人の姉妹-テラスにて-」(1881)が描かれたレストラン「ラ・メゾン・フルネーズ」一帯はルノワールのお気に入りスポットだったそうです。

同時期に描かれた大作「舟遊びの人々の昼食」(1880-81 / ワシントンDC・フィリップスコレクション所蔵)も同レストランが舞台となっています。

読むと、つながる。読むと、深まる。

セーヌで生まれた印象派の名画
セーヌで生まれた印象派の名画 (小学館101ビジュアル新書)セーヌで生まれた印象派の名画

こちらの作品はいかがでしょうか?

ページトップへ